【増税対策はOK?】キャッシュレス決済の基礎を確認しよう!

仕事ができる男は靴がキレイ!ビジネスシューズを定期的にメンテナンスして、長持ちさせよう

ビジネスシューズにお金をかけるなんて…。

入社した当時はそう思ってました。

でも、毎日履くものだからこそ、いいものを使いたい。

ちょっとでも気分を上げて仕事をしたいと思うようになりました。

 

そこで、私が大事に履いているのは「SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)」というメーカーの革靴。

安い物ではないので、できれば大事に使って、長持ちさせたい…。

 

べっぺ

そこで、今回は革靴を長持ちさせるために私が実行している習慣を5つほど紹介していきたいと思います。

 

【通勤時に役立つ】雨でも快適に過ごせる!防水性のあるビジネスアイテムを紹介します!

靴を長持ちさせる5つの習慣とは

 

  • ローテーションする
  • シューキーパーを使う
  • ほこりを落とす
  • 靴べらを使う
  • ソールを交換する

 

ローテーションする

以前は恥ずかしながら、ビジネスシューズは1足しか持っていませんでした。

毎日同じ靴を履いていると、劣化するのが早まります。

 

なぜなら、人間の足は1日にコップ一杯分の汗をかくんですね。

それなのに毎日履いていたら、革が休む暇がありません。

 

特に夏は汗で湿っている状態ですから、カビなどの原因にもなります。

 

べっぺ

ということで、私は3足をローションして、革に休む時間ができるように気をつけています。

 

シューツリー(シューキーパー)を使う

革靴は履いているとだんだんとシワができます。

それを放置してしまうと、そこからひび割れていき、靴が痛みます。

そういったことを防ぐために私はシューキーパーを使っています。

 

シューキーパーを入れることによって、シワが伸びるので、シワが定着しにくくなる効果があります。

 

ちなみに私は木型のシューキーパーを使っています。

プラスチックのものもありますが、消臭効果がある木型がオススメ。

 

べっぺ

そんなに高価なものではなくて、私はほとんど無印良品のものを使っています!

 

ほこりや汚れをこまめに落とす

家に帰ってから靴をよく見てみてください。

結構汚れがついていたり、ホコリがついていたりしませんか?

それをそのまま放置してしまうと、革が劣化する原因になります。

 

私はブラシを使って汚れを落としてあげるようにしています。

家に帰ったら最初にブラシでゴシゴシしてあげています。

 

べっぺ

最初は面倒だったけど、もう習慣になっているよ!

 

靴べらを必ず使う

私は靴べらを使う習慣が全くありませんでした。

しかし、お店で靴を試着したときに、店員さんに「靴べらを使わないと踵のところからダメになってしまいますよー。」と言われました。

 

確かに以前使っていた革靴は踵のところからヒビが割れてきました….。

これではいけないと思い、面倒でも靴べらを使うように。

 

あとは、靴を履くときや脱ぐときは靴ひもを解くようにしています。

靴ひもを解かないと、踵を踏んでしまいがちですからね。

正直面倒なときもありますが、こういった習慣が靴を長持ちさせるコツだと思います。

 

べっぺ

靴べらは、持ち運びができる無印良品のものを使っていますが、味気ないので、ホワイトハウスコックスのものが気になっています。

 

ソール交換をする

どんなに大事に履いていてもソールの踵部分がすり減りは防げません。

つまり、定期的に交換してあげる必要があります。

私が履いているスコッチグレインは「匠ジャパン」という修理専用工場がありますので、安心して修理にも出せそうです。

 

べっぺ

せっかく大事に使っているのですから、修理もしっかりして、長く使っていきたいな!

 

まとめ

私が実行している革靴を長く履くための習慣をまとめてみました。

使い捨てのように靴を履くのは何だか勿体ないですよね。

せっかくですから、いい靴・お気に入りの靴を大事にしていきましょう!

 

【暑い夏を快適に!】オススメのサンダルはビルケンシュトック! ファッション雑誌「Begin」で紹介。マッキントッシュフィロソフィーのスーツを購入しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください