【増税対策はOK?】キャッシュレス決済の基礎を確認しよう!

【体質改善は難しい?】寒冷蕁麻疹の症状と個人でできる対処法とは?

社会人になってから、お風呂に入ったり、運動をすると、身体が痒くなって赤い斑点ができるように。

幼いときからアトピー性皮膚炎だということもあり、それが原因だと軽く考えていました。

しかし、酷い時には顔が腫れるような症状まで出るように。

 

べっぺ

あまりにも症状が改善しないので、病院に行くことにしました。

 

【成分から考える】飲む日焼け止めは効果ない?夏の期間だけ試してみた! 非公開: 【ブランド品なんて不要】敏感肌でも大丈夫!男のスキンケア用品はこれでOK!

温熱蕁麻疹と寒冷蕁麻疹

原因ははっきりしませんでしたが、「寒冷じんましん」のような症状。

寒冷・温熱蕁麻疹じんましん)の原因と症状 外部からの寒さ・冷たさ、熱さ・温かさの刺激によって生じる蕁麻疹をそれぞれ「寒冷蕁麻疹」、「温熱蕁麻疹」と言います。 寒冷蕁麻疹は冷たい水や寒い風、温熱蕁麻疹はお風呂などの熱いお湯や暖房器具の熱風などが原因となることから、いずれも冬場に多く見られます。

参考ページ:冬の肌トラブル(蕁麻疹)|皮ふ科医に聞く ミニ知識

 

要するに皮膚が急激に冷やされたり、温められたりする事で発症するアレルギー。

残念ながら発症のメカニズムについては解明されておらず、大人でも子どもでも発症します。

 

参考までに私の症状をまとめておきます。

運動したり、お風呂に入ったりすると以下のような症状があります。

 

症状まとめ
  • 蚊に刺されたような盛り上がりができる
  • 顔が腫れる
  • 身体が痒くなる
  • 咳がでる
  • 息苦しくなる

 

特に夏場や冬場が大変…。

冷房や暖房が効いた部屋から出入りすると、蕁麻疹や咳が出てしまい、本当に辛いです。

しかし、具体的な治療方法はないようで、体質が改善するまでずっと付き合わなければいけません。

辛いですが、嘆いていても仕方ないので、私が常に気を付けていること、個人でできる対処法を紹介しておこうと思います。

 

皮膚科へ行く

当たり前ですが、第一優先は病院に行くこと。

場合によっては、アナフィラキシーショックで命の危険も。

そのようなことにならないためにも、まずは病院で診察を受けましょう。

 

私は現在、皮膚科に通院していますが、アレルギーを誘発するヒスタミンなどの発生を抑制してくれる薬を処方されています。

アレルギー性鼻炎やじんましん、湿疹、皮膚炎、気管支喘息に効果がある薬で、これを飲むとかなり症状が出にくくなりました。

 

最近では、飲まなくても平気になってきていますが、温泉など温度差が激しいところでは、症状が出てしまいます。

なので、事前に薬を飲んだりなど対処する必要があります。

 

室内でも温度変化に気を付ける

室内にいるときでも、気を付けていることがあります。

 

温度変化に気を付ける
  • 冷暖房には直接あたらない
  • 汗はこまめに拭く
  • 熱い風呂には入らない
  • お風呂上がりはお風呂場で服を着る
  • 冬は厚着をする

 

特にお風呂上がりが要注意。

私はなるべく身体を冷やさないように浴室で服を着ます。

 

他にも、トイレで冷たい便座に座らない。

洗顔は水ではしない。

家でも素足ではなく靴下やスリッパを履く。

などなど。

 

また、冬だけではなく夏場の冷房やプールなどでも症状が出るので、結局ほぼ1年中注意が必要。

 

治すことは難しい?体質改善をするには?

寒冷蕁麻疹は、自律神経とかかわりがあるため、体質と言えますが、大きくなって自律神経の機能がよくなると、治ることもあります。

参考:ベネッセ

という口コミを見かけました。

 

子どもだったら、改善も見込めるかもしれませんが、私はもう大人…。

他にも漢方薬が効く場合もあれば、運動して血の循環をよくすることで改善する場合。

逆に精神的なもので悪化する人もいるようです。

 

ちなみに私の体質は

体質
  • アレルギー体質
  • アトピー
  • 痩せ形

 

色々調べると、私と同じような体質の人(特に女性)に多いみたいです。

アレルギー体質やアトピーは治すのは難しいですが、痩せ気味であることは気を付けることができます。

 

特に最近運動や筋トレをするようにしていますが、少し症状が出にくくなった気がします。

もちろん運動するときは、ゆっくり身体が温まるように意識しています。

 

非公開: 【ブランド品なんて不要】敏感肌でも大丈夫!男のスキンケア用品はこれでOK!

まとめ

私が苦しんでいる蕁麻疹の症状と対策をまとめてみました。

皆さんもちょっとした不調が身体のSOSかもしれませんので、「蕁麻疹ぐらいー。」なんて面倒に思わずに、まずは病院に行って欲しいなと思います。

ショック症状が出る場合もあるため、放置するのは危険です。

 

私と同じような症状の方は皮膚科を受診するようにしましょう。

 

最後に個人でできる対処法は急激な温度変化に気を付けることに限ります。

もし身体が冷えてしまったら、まずは体温近くまで身体を温める事を意識しましょう。

【成分から考える】飲む日焼け止めは効果ない?夏の期間だけ試してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください