当ブログの全カテゴリーはコチラ

【2016~2021年】爆損・爆益ランキング

私は基本的にはインデックス投資がメインですが、日本の個別株を取引することもあります。

2016年から株式投資を始めましたが、大きく儲かったときもあれば、大きく損失を出したことも…。

反省の意味も込めて、年間の取引履歴を振り返っていきます。

利益が出た銘柄と損失が出た銘柄を1~3位のランキング形式でまとめます。

 

2021年の取引履歴

 

爆益ランキング

1位:QDレーザー 138,500(IPO)
2位:商船三井 47,200(スイング)
3位:KDDI 39,900(スイング)

 

爆損ランキング

1位:coly -78,000(IPOセカンダリー)
2位:良品計画 -40,600(スイング)
3位:モノタロウ -29,000(スイング)

 

2020年の取引履歴

 

爆益ランキング

1位:ギフティ 80,450(スイング)
2位:I-NE 60,560(IPO)
3位:ウェルスナビ 59,000(IPOセカンダリー)

 

爆損ランキング

1位:フィーチャ -75,250(IPOセカンダリー)
2位:ギフティ -61,400(スイング)
3位:コーユーレンティア -33,000(IPOセカンダリー)

 

2019年の取引履歴

 

爆益ランキング

1位:JTOWER 101,725(IPO)
2位:レオクラン 19,450(IPOセカンダリー)
3位:コロプラ 14,760(スイング)

 

爆損ランキング

1位レオクラン -43,550(IPOセカンダリー)
2位:AI -37,050(IPOセカンダリー)
3位:ツクルバ -36,540(スイング)

 

2018年の取引履歴

取引なし

 

2017年の取引履歴

取引なし

 

2016年の取引履歴

取引なし

まとめ

振り返ると、IPOのセカンダリー関連の取引が多いですね。

そして、大きく損をしています…。

今後はなるべくセカンダリーはしない方針です。

このような形で毎年取引を振り返っていきたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください