当ブログの全カテゴリーはコチラ

【クレカ投資】マネックスカードを発行しました

マネックス証券でマネックスカードを利用して、投資信託の積立が可能に。

買付額に応じてマネックスポイントが貯まります。

これで合計4社でクレジットカードを利用して、投資信託が買えるようになりますね。

 

還元率は1.1%

ポイント還元率は1.1%。(通常の買い物は1%)

通常通り投資信託を購入するより、ポイント還元分だけお得ということですね。

月の積立限度額は5万円ですから、毎月550ポイント付与されます。(年間6,600ポイント)

同様のサービスは他の証券会社でも実施しているわけですが、この還元率が現時点で最大。

MEMO

SBI証券(三井住友カード)が0.5%、楽天証券(楽天カード)が1.0%(8月買付分まで)、tsumiki証券(エポスカード)が0.1%~0.5%。

 

マネックスカードを発行するには

マネックスカードを発行するにはマネックス証券の総合口座が必要です。

利用を考えている人は、まず口座開設を行いましょう。

マネックス証券で口座開設

 

マネックスポイントの使い道

マネックスポイントですが、暗号資産(ビットコイン、イーサリアムなど)と交換できるのが他の証券会社との違いでしょうか。

ただし、コインチェックの口座が必要です。

恐らく私は、無難にdポイントあたりと交換すると思いますが。笑

コインチェックで口座開設

 

まとめ

マネックス証券でマネックスカードを利用して、投資信託の積立が可能になったので紹介してみました。

様々なサービスが登場してきて良い時代になりましたね。

 

他にもクレカ×投信の積立のサービスは増えてくると思うので、今後登場した際は積極的に活用していきます。

【クレカ投資】三井住友カード(NL)を発行しました 【楽天カード必須】積立投資で毎月500円分の楽天スーパーポイントをGETする方法 【おすすめは1択】tsumiki(つみき)証券を利用するメリットは「セゾン投信」にあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください