【チャンスは残り2週】イオンカード利用で20%キャッシュバックキャンペーン開催!!

【銀行間の資金移動が便利に!】スマホ決済アプリ、pring(プリン)の特徴や使い方は?

決済アプリが増えすぎてついていけないよ〜。

眠ねこ

べっぺ

本当だね…。でも、せっかくだから、各社のサービスをどんどん利用して紹介していこうと思ってるよ!

ということで、今回注目した決済アプリはpring(プリン)。

決済アプリと聞くと、「お金を払うだけでしょ!」と思いがちですが、各社のサービスにそれぞれ特徴があります。

今回はpringの特徴や使い方について紹介していきたいと思います!

【ポイント二重取り】Kyashリアルカードは還元率2%!エポスカードと併用で3.5%還元を狙おう! 【キャッシュレス】スマホ決済アプリ「PayPay」を実際に使ってみたよ!!

pringとは?

pringとは、みずほ銀行と共同開発されたQR決済+送金ができる完全無料のスマホ決済アプリ。

もちろん決済アプリなので、お店でスマホをかざすだけでサッと会計ができます。

また、相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやりとりが可能です。

このことから、公式サイトでは、お金コミュニケーションアプリと紹介されています。

 

pringの機能は?

pringの機能はシンプルに3種類。

  1. 「お店ではらう」
  2. 「お金をおくる」
  3. 「お金をもらう」

 

「お店ではらう」は、QR決済機能のこと。

しかし、利用できる店舗は少ないのが現状で、私も決済に使ったことはありません。笑

 

ということで、注目して欲しいのは「お金をおくる」と「お金をもらう」の機能。

この機能は、銀行口座を登録することで、pringへお金をチャージしたり、銀行口座へ戻すことができます。

また、友人や家族にメッセージ付きでお金を送金したり、受け取ったりすることができます。

 

pringのメリット

  • 銀行口座への送金が無料
  • メッセージ付きでお金を送金できる

 

銀行口座へ戻す時の手数料が無料

他社のサービスの場合は、チャージしたお金を銀行口座へ戻す際に手数料が掛かります。

しかし、pringは金額に関わらず、手数料無料で利用できます!

この機能を使えば、複数口座登録を行うことで、口座間の資金移動が簡単になります。

 

メッセージ付きでお金を送金できる

pringは、メッセージ付きでお金の送受金できます。

例えば、お子さんへの仕送りを行う時などに手数料無料かつ、メッセージを添えて送金を行うことができるというわけです。

わざわざATMに行って振込を行う必要もなくなりますね!

他にも友達や職場での食事や飲み会時の支払いでも活用できそうです。

 

pringのデメリット

  • 利用できる店舗が少ない
  • クレジットカードが登録できない

 

利用できる店舗が少ない

pringのデメリットはQR決済が利用できるお店が少ないことです。

使える店舗が少ないせいか、公式サイトにも使えるお店が掲載されていません。

他のQR決済のように、せめてコンビニで使えれば便利なのですが…。

 

クレジットカードが利用できない

pringは、銀行口座からのチャージしか対応していません。

PayPayなどの決済アプリは、クレジットカードを登録することで、そのまま支払いができるので、残念なポイントだと感じます。

 

対応銀行は?

pringに登録できる銀行口座も大事なポイント。

持っている口座が登録できなくては意味がないですからね。

現在(2/18時点)で登録できる銀行は以下の通り。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 近畿大阪銀行
  • 東邦銀行
  • 北九州銀行

最近、楽天銀行に対応したので、より利用しやすくなりました。

でも、まだまだ利用できるところは少ないんだね。

眠ねこ

べっぺ

地方銀行やゆうちょ銀行に対応するとさらに便利になりそうだね♪

 

pringを利用するには?

pringの登録を手順をまとめておきます。

  1. アプリをインストール
  2. 携帯番号を登録
  3. 個人情報を入力
  4. 銀行口座を登録
  5. チャージする

pringのアプリをインストールしたら、名前などの個人情報を登録します。

その後、銀行口座を登録することによって、pringにお金をチャージしたり、送金もできるようになります。

アプリのほうはシンプルな作りになっているので、私も送金アプリを利用したことがありませんでしたが、直感的に操作を行うことができました。

pringは登録しているユーザ同士でないと送金できませんが、登録や操作の仕方を教えるのも簡単だと思います。

 

まとめ

pringは、支払いに対応している店舗が少ないので、決済用アプリとして利用するのはイマイチです。

今のところは、銀行間の資金移動や友達や知り合い同士でお金をやりとりするのが、メインの使い方になるという印象です。

ユーザー同士のお金のやりとりなら手数料は無料ですし、銀行口座へも手数料無料で送金できますからね。

便利そうだなーと思った方は是非この機会にお試しください。

アプリダウンロード時に以下の招待コードを入力すると、お互いに200円をgetできます。

よろしければ、ご利用ください。

招待コード:en8Zbd

 

pringの公式HPをチェック

【ポイント二重取り】Kyashリアルカードは還元率2%!エポスカードと併用で3.5%還元を狙おう! 【キャッシュレス】スマホ決済アプリ「PayPay」を実際に使ってみたよ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください