【チャンスは残り2週】イオンカード利用で20%キャッシュバックキャンペーン開催!!

【リスクは高い?】SBIソーシャルレンディングで口座開設!気になる利回りや分配金は?

私は株式投資をメインに行っていますが、他にも複数の収入源を確保しようと企んでいます。

今回注目したのは定期的な収入を得られるソーシャルレンディング。

低金利政策が続く中、高い利回りを定期的に得られる投資先はあまりないですね。

しかし、ソーシャルレンディングであれば、約5~15%の利回りを狙うことができます。

また、投資をしてしまえば、株やFXのように相場を監視する必要もないので、ある程度のリターンは欲しいが、時間や手間はかけたくない人には、一つの選択肢になるかと思います。

ということで、今回はソーシャルレンディングについて知りたい方や投資を検討している方向けに、紹介してみたいと思います。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングはお金を借りたい人とお金を運用したい人をマッチングするサービスのことです。

イメージ的にはこんな感じ!

SBIソーシャルレンディングのHP参照

このように、投資家からお金が集められ、借り手に貸出されます。

当たり前ですが、借り手側は資金を返済する必要がありますよね!

借り手側は、返済額とともに利息を支払っていきます。

ソーシャルレンディング運営会社は、支払われた利率から数パーセントを報酬として取得し、残りが投資家への利回りとなります。

簡単にですが、このような仕組みになっています!

 

SBIソーシャルレンディング

数あるソーシャルレンディングで私が選んだのはSBIソーシャルレンディング。

試しに投資をしてみて、良いと感じた点と悪いと感じた点の両方がありました。

それぞれ紹介をしていきたいと思います。

メリット

  • SBIグループが運営
  • 1万円から投資することができる
  • 出金手数料がかからない
  • 毎月分配金がある
  • 管理の手間がない

 

SBIグループが運営

最近はソーシャルレンディングで不安になってしまうニュースが多くなっています。

高い利回りに惹かれて投資を始めたものの、失敗してしまった方もいると思います。

しかし、SBIソーシャルレンディングは、SBIグループが運営。

グループの一員であるということもあり、多くの投資家から信頼を集め、利用されています。

参考までに、日本のソーシャルレンディング会社の中で2番目に長い運営歴を持ち、これまでの募集金額実績も2位につけていますね。

金融の分野では、SBIグループを見ない分野はほとんどありませんし、大切なお金を預ける訳ですから、信頼できる会社に運用してもらいたいですよね。

 

1万円から投資可能

各ソーシャルレンディングで投資できる最低金額は異なります。

SBIソーシャルレンディングの場合は、1万円から投資が可能。

※オーダーメード型は5万円~。

やってみたいけど、あまり余裕資金がない・・・という方でも始めやすいと思います。

1万円であれば、複数の案件に積立気分で投資もできます!!

 

出金手数料がかからない

ソーシャルレンディングは、出金手数料を投資家が負担する場合が多いです。

しかし、SBIソーシャルレンディングでは、出金手数料がかかりません。

これには理由があって、登録している口座に直接分配金が入ってくるからです!

少額で投資ができても、出金手数料がかかっては、結局マイナスですからね…。

少額で初めて見たい方は、SBIソーシャルレンディングがオススメ。

 

毎月分配

SBIソーシャルレンディングは毎月分配金が振込されます。

「毎月これぐらい入ってくるんだなー」ということが分かるので、次の投資先の計画も立てやすいですね!

 

管理の手間がない

ソーシャルレンディングは株などのように、元本の価格変動がありません。

一度投資してしまえば、運用期間が終わり、満期償還されるまで何もする必要がありません。

 

デメリット

  • 貸し倒れのリスクがある
  • 税金がかかる
  • 利回りが低め
  • 運用までに時間がかかる
  • 途中でキャンセルができない

 

貸し倒れのリスクがある

ソーシャルレンディングは基本的に元本は保証されていません。

企業へ融資するということは、借り手が返済不可能になった場合、元本にも影響が及ぶ可能性も・・・。

しかし、ソーシャルレンディング会社も貸し倒れリスクを防ぐために、借り手から担保をとっている案件はあります。

 

雑所得に分類される

ソーシャルレンディングでの分配金は雑所得に分類されます。

場合によっては、確定申告が必要となります。

 

利回りが低め

SBIソーシャルレンディングのサイトは、期待利回り3.2~10%の案件があるとアピールしていますが、利回りとしては低めな印象です。

しかし、投資家から投資枠上限までしっかり集めることができていることから、SBIソーシャルレンディングが信頼されているということが分かりますね!

 

運用までに時間がかかる

ソーシャルレンディングは出資申し込みをし、出資確定⇒運用開始となるまでに結構期間がかかります。

株であれば、すぐ購入できて投資開始となるので、この期間が少し勿体ないと思ってしまいました…。

 

途中でキャンセルできない

ソーシャルレンディングは、一度投資を行うと満期を迎えるまで資金を引き出すことはできません。

※借り手の返済遅延が起こった場合も同様

このようにソーシャルレンディングはリスクを伴います。

なるべく余裕資金で行うことをオススメします。

 

運用中のファンド

現在私は、2ファンドに総額で60,000円を運用中。

参考までにファンドは以下のようなものがあります。

  • オーダーメード型ファンド 6.5%~7.0%
  • 不動産担保ローン事業者ファンド 3.2~6.5%
  • 不動産バイヤーズローンファンド 7%
  • カンボジア技能実習生支援ローンファンド 10%

 

私が最初に選んだのは「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus23号」という案件。

利回りは6.5%の案件で、出資額は50,000円にしました!

配当予定はマイページで簡単に確認可能。

 

このようにどれくらい配当があるか分かりやすくなっています。

参考までに運用開始にどれくらい期間がかかったかもまとめておきますね!

2018/11/13 投資額入金

2018/12/01 貸付用口座へ資金移動

2018/12/11 運用開始

だいたい一ヶ月くらい。

そして、一回目の配当は2019/1/15の予定。

だいぶ長かったですが、分配金が楽しみです!

 

SBIソーシャルレンディングをはじめるには

SBIソーシャルレンディングをはじめるには以下のような手続きが必要です。

  1. ログインIDの取得
  2. 本人確認書類の提出
  3. 本人確認キーの入力
  4. 出資をする

 

ログインIDの取得

まずはメールアドレスを登録し、ログインIDを取得しましょう!

 

本人確認書類の提出

マイナンバー・銀行口座の登録をします。

これですぐ投資ができるかというと、できません。

自宅にハガキで本人確認キーが届きますので、それを待ちましょう!

私の場合、1週間ほどかかりました。

 

本人確認キーの入力

SBIソーシャルレンディングより送付されるハガキに記載の確認キーを入力しましょう。

これでログインが可能になります。

 

出資するファンドを決定

各ファンドの情報を閲覧して、出資するファンドを決定します。

手順は簡単で、マイページにログイン後、「出資申込」のタブから出資するファンドを選択し、出資申込を行うだけです!

 

>>SBIソーシャルレンディングをはじめる

 

まとめ

SBIソーシャルレンディングを紹介してみました。

ソーシャルレンディングは、投資家が貸し倒れのリスクを負うので、なるべく信頼できる会社で運用すべきだと思います。

やはり、SBIグループという安心感は大きいです。

ただ、いくら信頼があるといえど、今後どうなるかは分かりませんので、余裕資金で投資することをオススメします。

 

SBIソーシャルレンディング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください