【チャンスは残り2週】イオンカード利用で20%キャッシュバックキャンペーン開催!!

【運用実績も公開】手数料が高いウェルスナビで投資をするメリットとは?

WealthNavi(ウェルスナビ)は「放ったらかし投資ができる」と評判の資産運用サービスです。

最近までCMが放送されていたこともあり、知名度が上がってきたようにも感じます。

投資初心者の方の入門編としては悪くない投資方法だと思うので、興味がある方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!

それでは、ウェルスナビの仕組みやメリットなどを紹介していきたいと思います。

ウェルスナビの仕組み

資産運用で重要なのは「長期・積立・分散」という3つのキーワード。

ウェルスナビは、これらをを踏まえて、「長い目で」「コツコツと」「リスクを抑え」ながら投資するのを手助けしてくれるサービスです。

これは資産運用をして行く上で、王道のスタイル。

では、それぞれのキーワードについて、確認をしておきましょう!

 

長期

株式の値動きは長期的に見ていくと、経済成長率と相関性があるという傾向があります。

この点を考えれば短期よりも長期的投資を行った方が有利になる可能性が高いということです。

 

積立

買付時期を分けるのが、積立。

株を買う絶好のタイミングを完璧に予測することはプロでも不可能…。

ということで、良い時も悪い時も一定リズムで買い続けるのが投資の基本です。

 

分散

金融資産(株式・債券・リートなど)は、時期や情勢によって主役が変わります。

それを見極めて購入することはなかなか難しいため、全部を丸ごと購入して分散した方が安定性が高まります。

 

ウェルスナビを選んだ理由とは

投資を自動化してくれるロボアドバイザーのサービスは、ウェルスナビだけではありません。

  • ウェルスナビ
  • TEHO
  • 楽ラップ

 

以上の3つがメジャー所。

その中でも、私がウェルスナビを選択した理由は3つあります。

  1. 国内のロボアドバイザーサービスの中でNO.1の預り資産
  2. ウェルスナビだけの機能「DeTAX(デタックス)」がある
  3. 長期割がある

国内のロボアドバイザーサービスの中でNO.1の預り資産

ウェルスナビはロボアドバイザーを提供する会社の中でも、No.1の預かり資産

つまりそれだけ人気や知名度があり、信頼されているサービスと言えます。

 

ウェルスナビのDeTAX(デタックス)機能とは

ウェルスナビの特徴は、「DeTAX(デタックス)」機能があることです。

 

DeTAX(デタックス)とは、分配金の受け取りやリバランスなどによって生じる税負担の一部または全部を、保有銘柄の「含み損」を実現して「利益」を相殺することにより、税負担を翌年以降に繰り延べる機能です。

ウェルスナビ:ホームページ参照)

何だ難しく書いてありますが、要するに、その年の税負担を軽減してくれるということです。

 

ウェルスナビは長期割がある

ウェルスナビには長期割という特典があります。

長期割は、ウェルスナビを続けた期間と運用金額に応じて、6ヵ月ごとに手数料の割引されていくプログラム。

手数料は最大0.90%まで優遇されるようになります。(通常は1%)

長く資産運用していくということは、手数料が低いほど有利なので、重要なポイントです。

 

ウェルスナビを始めるには

ウェルスナビの機能としては、「リスク許容度」を自動測定して、それを元にポートフォリオを作成してくれます。

リスク許容度と言っても、難しいことではなく、以下の6つの質問に答えるだけです。

 

  1. 現在、何歳ですか?

  2. 年収はおおよそいくらですか?

  3. 金融資産はおおよそいくらですか?

  4. 毎月の積立金額は?

  5. 資産運用の目的は?

  6. 株価が1ヶ月で20%下落したら?

 

これらの質問に答えたところ、私のリスク許容度は5/5。

ちなみにリスク許容度は5段階評価になっていますが、5は一番リスク高めに運用をするということです。

 

次に運用プランを設定します。

リスク許容度は5で毎月の積立金額を10,000円と設定しています。

最初の金額は10万円スタートでしたが、毎月10,000円をコツコツ積み立てていくと、30年後には20%の確率で1500万円になるということになります。

「長い目で」「コツコツと」「リスクを抑え」ということが大事なのかが分かりますね!

 

せっかく運用するので、ガシガシ運用してもらいたいし、私はまだ20代なので、リスクは高めで運用してもいいかなぁと思っています。

 

 

【ウェルスナビのポートフォリオ(リスク許容度3)】

  • (米国株) 米国のアップルやアマゾン、グーグルをはじめとする、米国の上場企業が発行している株式
  • (日欧株) 米国を除く、世界の先進国24ヶ国(日本含む)の上場企業が発行している株式
  • (新興国株) 世界の新興国23ヶ国の上場企業が発行している株式
  • (米国債券)米国やその政府、米国企業が資金を借りるときに発行する借用証書
  • (金)金の延べ棒、ゴールドに投資
  • (不動産)米国の不動産に投資

 

 

ちなみに、現在のリスク許容度5の私のポートフォリオはこんな感じ。

資産はこのように自動分配してくれます。

リスクが高い設定なので、株式の比率が多めになっています。

もちろん株式を保有していますので、お楽しみの分配金も出ます。

せっかくの分配金ですが、出金しないで再度投資していくことで、複利の効果でどんどん資産を大きくしていくことができます。

最後に毎月の積立額ですが、10,000円に設定しています。

今月もこのように自動で購入されています。

ホームページでは、20,000円にならないと自動購入されないと書いてありましたが、10,000円でも大丈夫でした。

この辺はどうなんだろう?

本当は申し少し多めに積み立てたいのですが、貯金+つみたてNISA+仮想通貨のことも考えると10,000円が限界…。

ウェルスナビのメリット

最後にざっくりウェルスナビのメリットを紹介します。

  • スマホひとつで運用できるお手軽さ
  • 自動で資産運用プランを作ってくれる
  • 海外ETFで分散投資ができる
  • 分配金は自動再投資
  • 入出金手数料が無料

メリットは挙げればたくさん出てきますね!

本当はリバランスの機能とかも紹介したいのですが、まだリバランスするまでの額に達していないのが残念…。

 

ウェルスナビのデメリット

最後にウェルスナビのデメリットをまとめておきます。

  • 手数料が1%は高い
  • 損するリスクがある

 

手数料が1%は高い

手数料が高いというのは、よく聞きますが、その通りだと思います。

 

べっぺ

個人的には、つみたてNISAが第一優先かな♪

損をする可能性がある

 

 

まとめ

私が利用しているウェルスナビについて紹介してみました。

まだまだ発展途中の分野だとは思いますが、つまりは可能性がかなりある分野だと思っています。

まだどうなんだろうなーと思う方も、毎月実績を公開していきますので、ぜひご参考にしてみてください!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください