カテゴリーから記事を探す

クレジットカード払いで積立投資?tsumiki(つみき)証券で口座開設をしたよ!

丸井グループが新たに、つみたて投資専門の「tsumiki(つみき)証券」を設立し、2018年9月より口座開設の受付を開始しました。

tsumiki証券では、私がよく利用している「エポスカード」で、投資信託を購入できるということで、早速口座開設をしてみました。

積立投資時のクレジットカード払いといえば、楽天証券でも「楽天カード払い」が可能になるということで、話題になりました。

楽天証券の場合は、もちろん楽天銀行から口座振替で積立をことも可能です。

しかし、tsumiki証券での支払い方法はエポスカード払い限定というのだからビックリ。

エポスカードを持っている人だけしか利用できない証券会社ということですね。

ちなみにエポスカード会員は約660万人。

そのうちの半数以上が20代のユーザーのようです。

このように若い人が多いので、そういった層が投資に興味を持ってくれたらいいなぁと思っています。

ということで、今回は応援の意味も込めて、エポスカードやtumiki証券、購入できる銘柄などについて紹介していきたいと思います。

【ノーリスク!】毎月500円分の楽天スーパーポイントをGETしよう!「楽天カード」で投資信託の積立購入がオススメ 【おすすめは1択】tsumiki(つみき)証券を利用するメリットは「セゾン投信」にあり

エポスカードとは??

エポスカードは年会費無料のクレジットカードです。

利用金額200円ごとに1エポスポイントが貯まります。

1エポスポイント = 1円の価値なので、還元率は0.5%。

この還元率は高いかというと・・・普通です。笑

しかし、丸井でのショッピングや提携店で買い物をすると、ポイント還元率が1%にアップします。

他にも「エポトクプラザ」という優待サイトや、5,000店舗以上のレストランやアミューズメント施設で優待が受けられる特典があり、評判の良いカードです。

特にカラオケやファミレスなどの優待は、若い人にとってはエポスカードを持っているだけで恩恵受けられるので、そこそこメリットがあるように思います。

また、目安にはなりますが、年間50万円以上利用するとエポスゴールドカードのインビテーションが届きます。

インビテーションにて、ゴールドカードを発行された方は、年会費が永年無料に。(通常5,000円)

ちなみに私もゴールドカードを所持していますが、ポイントの有効期限も無期限になりますし、インビテーションが届いたら、とりあえずゴールドカードに切り替えておくだけで、便利です。

※カード番号が変わってしまうので、注意

知らないと損する。お得なサービス・制度を活用しよう

tsumiki証券のメリットとは

tsumiki証券のメリットは、エポスカードで投資信託の積立が可能になり、エポスポイントが付与されることです。

通常エポスカードの還元率0.5%ですが、tsumiki証券での買付けの場合は、還元率が変わります。

「年間つみたて金額」と「つみたて年数」に連動して、年1回ポイントが付与されるようになり、以下のようなイメージです。

1年目・・・0.1%
2年目・・・0.2%
3年目・・・0.3%
4年目・・・0.4%
5年目~・・・0.5%

年間10万円を積立した場合、1年目にエポスポイントが100ポイント付与。

5年目に10万円積立した場合は500ポイントですね!

このような形でポイントが付きますので、信託報酬で支払う手数料部分をポイントで引き下げることができるので、他の証券会社から購入するよりもお得に運用できます。

 

ゴールドカードやプラチナカードの利用をするとお得に!?

エポスカードには「エポスゴールドカード」と「エポスプラチナカード」が存在します。

これらは年間利用額に応じて、ボーナスポイントが貰えるんです!

エポスゴールドカードの場合は年間50万円以上利用すると、2,500円ポイント。

100万円以上利用すると10,000ポイント。

ちなみに私は、年間100万円を達成したので、10,000ポイント付与される予定です。

エポスプラチナカードの場合は100万円以上で20,000ポイント、200万円以上で30,000ポイント、300万円以上で40,000ポイント。

そして、tsumiki証券での買付もこの年間利用額として認められるんです!

クレジット払いは、毎月5万円まで可能なので、年間60万円を利用金額とすることができます。

これだけでも「エポスゴールドカード」の年間50万円はクリアできるので、積立投資をするだけで、2,500ポイントゲットできるわけです!

tsumiki証券ではどんな投資信託が購入できるの?注目はセゾン投信?

tsumiki証券における投資信託のラインナップは下記の通りです。

商品名 運用会社 信託報酬
コモンズ30 コモンズ投信 1.058%
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信 0.680%
セゾン資産形成の達人ファンド セゾン投信 1.350%
ひふみプラス レオス・キャピタルワークス 1.058%

商品は4種類のみ。

しかし、tsumiki証券を利用する人は初心者の方が多いと思うので、これで充分なラインナップ。

毎月の積立額は3000円~50,000円までの範囲。

「つみたてNISA」対象の投資信託のみなので、販売手数料は無料ですね。

ただ、気になる点としては、投資経験者の方からすると、信託報酬が高めのファンドが多いと感じること。

たった1%程度って思われるかもしれませんが、投資において手数料は重要なポイントです。

 

しかし、tsumiki証券じゃないとクレジット払いによる投資が難しいと思われる投資信託があります。

それは、直接販売と一部の金融機関だけでしか取扱いがない「セゾン投信」です。

凄く人気がある投信ですが、この商品の欠点は通常の証券会社で扱ってない点です。

ただ今回、tsumiki証券で取扱いされ、カード払いでポイントが貯まるので条件的にもかなり良いですね。

 

他にも、大人気のアクティブファンドである「ひふみプラス」がラインナップされています。

アクティブファンドなので、インデックスファンドに比べて信託報酬はやや高いですが、ポイントが還元されることを考えると、通常通り購入するよりお得です。

tsumikiで口座開設するための手順

tsumiki証券で口座開設をする前にエポスカードを準備する必要があります。

この点が、通常の証券会社とは違うので気を付けてください。

カードが準備できたら、口座開設までの大まかな手順は以下の通りです。

  1. エポスNetのIDとパスワードでエポスNetへログイン
  2. tsumiki証券のバナーから口座開設画面へ
  3. 口座開設時に簡単な質問に答える
  4. 必要書類を登録する(マイナンバーや運転免許証)
  5. 郵便物を受けとる

正直、登録は難しくなくて、5分あればできると思います。

ただし、マイナンバーや本人確認書類が必須なので、お手元に用意していくとスムーズです。

まとめ

今回はエポスカードを使った、積立投資について紹介してみました。

正直、私は楽天カードを使った投資がメインになるかと思いますが、「エポスポイント」が貯まったり、「セゾン投信」を購入できる点は魅力的です。

何事も試してみないと分からないので、まずは最低金額の3,000円からでも始めてみようかなと思っています。

せっかくこのようなサービスが次々登場してきているので、若い人こそ資産運用に興味を持っていただけると嬉しいなと思います。

それに積立投資だけでなく、買い物での利用価値も高いカードですので、よろしくれば参考にしてみてください。

エポスカードゴールドはボーナスポイントがお得! 【おすすめは1択】tsumiki(つみき)証券を利用するメリットは「セゾン投信」にあり

エポスカードの公式サイトをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください